中古トラックのお得な販売術をお教えします

中古トラックは業務用としてハードな環境で使用された物が多く、走行距離が長すぎたり内外装が著しく傷んでいたりすることがあります。そんな車体でも買取専門店であれば、意外な高値で販売できる可能性があります。もちろん年式が新しく、状態が良いほど高額になることは確かですが、傷んでいるのはむしろ当たり前なので、諦めずに査定を受けてみることが第一です。業者は買取った車をオークションで転売するのが普通です。しかし国内や海外に幅広い販売ルートを持っていれば、人件費や手数料がかからないため、それだけ高額で買い取ることが可能です。とりわけ海外では、信頼性の高い日本製の車は古くても高値で取引されるケースが多く、それだけ有利な条件で売れる可能性が高いと言えるでしょう。

複数の業者を競争させるメリット

乗用車と違って中古トラックは、状態の差が大きいだけでなく、上物の種類も多種多様なので、年式や走行距離による買取相場というものが存在しません。ですから個別に査定を受けて、本当の価値を見極める必要があります。業者によって査定額が異なるのは普通のことなので、必ず複数の業者に査定を依頼するのが基本です。独自のノウハウを持っているトラック専門の買取業者や、中間マージンのかからない販売業者であれば、高額で査定される確率は高いでしょう。今ではインターネットで気軽に一括査定を受けることも可能ですが、できるなら営業マンと直接交渉して競争をさせたほうが、さらに良い条件を引き出せます。他社の査定額を伝えることで、買取価格がもう一段上がったというケースもよく見られます。

査定の際には印象を良くしておく

中古トラックは汚れているのが当然ですが、査定を受ける際にはキレイに洗車しておきましょう。外見がキレイだからといって、査定額が上がるわけではありませんが、査定する人の印象というものがあります。きっちりと洗車されていれば、丁寧に取り扱われた車というイメージを与え、ポイントを稼ぐことができます。小さなことですが、何もしないよりは意味があります。現在では買取業者の数も増え、競争が激しくなっているため、多くの業者で無料査定や書類手続代行などのサービスを受けることができます。査定を受けたから売らねばならないという義務はないので、利用できるサービスはどんどん活用しましょう。中には悪質な業者がないとは言えませんが、ネットなどで評判を確かめれば避けることができます。